『モニタリング』山本美月の一般人ドッキリ企画に賛否 「やめてあげて…」

「運命の人」として現れた山本美月に、純粋な反応を見せたターゲットの男性。モニタリングの一部始終に、視聴者から賛否両論の声が…

エンタメ

2019/06/14 16:00

山本美月

13日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)に、女優・山本美月がドッキリ企画の仕掛け人として出演。ターゲットとなった男性の純粋な反応を見てスタジオが爆笑する光景などに、視聴者から様々な声が寄せられている。


 

■運命の人と出会うドッキリ

話題となっているのは、占い師から「運命の人と出会う」と告げられ、その特徴に怖いほど当てはまる女性が山本だったら…という、一般男性をターゲットとした企画。

仕掛け人である先輩とウィンドウショッピングをしていると、占い師があげた「運命の人の特徴」と完全に一致する服装をした山本が、男性の目の前に現れるのだった。


関連記事:電車で寝ていたら突然膝を叩かれ… 「目覚めたときの状況」にハッとした

 

■男性の反応にスタジオが爆笑

男性が入ったレストランに山本も来店し、その特徴から彼女が運命の人だと確信する男性は、占い師から教わった「腕をまくる」というおまじないを、半袖シャツがタンクトップ状態になってしまうまでしきりにまくりあげる。

山本の一挙一動に顔を赤らめながら反応する男性の様子に、スタジオ出演者は爆笑。男性が男2人から絡まれる山本を救い、そのお礼にと、ピザをシェアして食べる幸せなひとときを過ごしてもらったところで、スタッフからネタバラシされる。

男性は「ドッキリだった」ことに落胆しつつも、「本当に一生の思い出です」と笑顔で語っていた。

次ページ
■「見ていてツラい」の声

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ