新川優愛の恋愛経験がヒドすぎる 男性から「まな板よばわり」「平手打ちされた」

『金曜日のどっち!? スペシャル』で女優・新川優愛が過去の酷すぎる恋愛を語った…

新川優愛

14日放送『金曜日のどっち!? スペシャル』(テレビ朝日系)は、「私が好きだったヒドメンぶっちゃけスペシャル」と題し、女性芸能人が好きになったヒドい男性について語った。

清純派女優として人気を博す新川優愛も、過去に付き合ったヒドい男性たちについて告白。その衝撃の内容に大きな反響が起きている。


 

◼平手打ちを食らう

新川が数年前に出会居付き合っていた男性は、普段は気さくで優しいのだが、自然と汚い言葉を口にする「口が悪い」一面も。新川はことあるごとに男性の口の悪さを指摘し注意、男性も徐々に自分の言葉遣いに気をつけるようになったという。

しかし、テレビのチャンネル争いで喧嘩になったとき、日頃の注意でとっさに汚い言葉を口に出せなくなっていた男性は思わず手を出してしまい、女優・新川の顔に平手打ち。それが原因で別れたことが明かされた。


関連記事:「友達がダメ男ばかり選ぶので…」 他人の恋愛に口出ししてしまった理由とは

 

◼まな板と呼ばれたことも…

新川のツラい恋愛はそれだけではない。

行きたかった店が閉まっていた男性から「寄れなかったから真っ直ぐ帰る」と連絡が入った新川は、悪気なく「しょうがないね」と返信する。この何気ない一言に男性は「しょうがないってなに?」と怒りを滲ませてきた。

大した意味はないと弁解したが男性は「大した意味もないのにしょうがないって使うの?」とヒートアップ。帰宅後も詰め寄られ、結局新川が謝罪したという。

また、その男性からは胸がないため「まな板」と呼ばれていたと苦笑いし、過去のヒドい男性たちとの恋愛を振り返った。

次ページ
◼視聴者の反応は?

あなたにオススメ