集団いじめで希望を奪われた生徒 苦悩し続けた家族の3年を取材

福岡県のいじめで追い込まれた生徒、家族の3年を追った

話題

2019/06/19 19:00

全国各地の学校・教育委員会のいじめへの不適切な対応が続々と発覚している。福岡県・広川町の中学校では、ある生徒がいじめが原因で部活動に行けなくなった実態が判明。しらべぇ取材班が独自に追った。


 

■苦しみ続けた3年

中学3年生の生徒が受け続ていたいじめは、加入した部活動にて行われていた。1年生の4月から外部コーチの娘の言葉によるいじめなどから始まり、保護者が学校に相談すると当時の校長は「いじめが続けば外部コーチを止めさせる」と断言。

その後、いじめの加害者が2人になり「無視」が始まる。最終的には被害者1人対加害者6人の集団いじめに発展。校長は1年生の4月にいじめの報告を教育委員会にあげたが、その後8月にはいじめ解消と報告。

顧問や外部コーチはこのいじめ行為を見て見ぬふりを続け、被害生徒はいじめが行われると、その時の様子をノートに記録していた。

いじめが実際には続いていたにも関わらず、2年の4月までいじめ報告を怠っていたことも今回の取材で判明。そんな中、保護者は警察にも相談し、加害生徒の一部と保護者に対して警察から指導が入るも、いじめは止まなかった。


 

■完全に部活動に行けなくなる事態に…

被害生徒は福岡県の法務局にメールで相談。そして、今月には校長が法務局の聴取を受け、生徒が1、2年当時の校長は転勤し、4月からは新校長が赴任。この校長は取材に対して

「保護者、教諭から話は聞いている。学校の対応に悪い点はあったと思う。被害生徒のいじめの記録は全て見られていない現状。500人近い生徒がおり、被害生徒の問題だけ取り組んでもいられない。睡眠時間が2時間の時もある。まずは部内の保護者会を早急に開催したい」


と答えた。

次ページ
■保護者の怒りも

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ