夜道で足音に追いかけられた女性 恐怖で逃げるとまさかの結末が…

『おぎやはぎのブステレビ』八つ橋てまりが夜道を歩いていると、謎の足音が。音の正体に爆笑の声があがる。

エンタメ

2019/06/19 05:30

夜道
(AlexLinch/iStock /Getty Images Plus/写真はイメージです)

夜道を歩いているとき、「誰かに尾行されているのでは」と恐怖を抱いたことはないだろうか。

このことについて、17日放送の『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)で、お笑いコンビ・金星と木星(ヴィーナスとジュピター)の八つ橋てまりが語ったエピソードの思わぬ結末に、出演者がおもわず笑ってしまう一幕が。



 

■夜道で突然の足音

番組では、「お騒がせなブス」をテーマにトークを展開。ある日、八つ橋が友人と夜道を歩いていると、周囲から足音が聞こえてきたという。後ろを見ても人影がなかったため、「気持ち悪い」と話してその場から急いで逃げることに。

しかし、その足音は逃げても追いかけてくるため、「え、なになになに!?」と恐怖を感じたようだ。


関連記事:加害者家族の個人情報を拡散していた元カレ 猟奇的な言動に悲鳴が相次ぐ

 

■音の正体は…

そこで、八つ橋が冷静になって音の正体をつきとめたところ、自分の股擦れだったことが判明する。

まさかのオチに、MCのおぎやはぎ・小木博明は「何だよその音!」とツッコミを入れ、相方の矢作兼も「『サッサッサッ』ってすり足みたいに聞こえるってことね!?」と爆笑。

話が理解できないといったスタジオメンバーだが、ふくよかな女性芸人からは「けっこうスゴい音しますよね。わかるわ〜」と共感の声があがった。


■股擦れでズボンに穴があいた人は…

股擦れの音が足音に聞こえてびっくりしたという八つ橋。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,357名に「股擦れ」について調査したところ、15.6%が「股擦れのせいでズボンに穴があいたことがある」と回答している。

「気持ち悪い」と思った足音の正体が、まさか自分の股擦れだとは八つ橋も思わなかっただろう。ストーカーなどの類いではなかったことは安心だが、ある意味では悲しい結末だったといえる。

・合わせて読みたい→大量に出前を頼むマツコの気遣いがヤバイ 「奥に人がいる風を装う」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1,357名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)