「1分でこれ話せる?」とプリントを渡してきた中3長男 母はその内容に絶句した…

元カリスマギャルモデルで、現在は心育児研究家として活動する日菜あこがブログを更新。朝、中3の息子が出してきたのは進路希望調査表だった…。

エンタメ

2019/06/19 15:00

紙
(SQ_Studio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分の将来を決めるうえで、どの学校に進学するかは大きな意味を持つ。しかし、中にはそれを短い時間で決めようとする人も。

元カリスマギャルモデルで、現在は3児の育児のかたわら、心育児研究家として活動する日菜あこのブログが話題になっている。


 

■「1分で話せる?」と手渡してきたのは…

ある日の朝、いつものようにお弁当を作って待っていたところ、中3の長男が「お願いあんだけど」「あと1分でこれ話せる?」と言って、プリントを渡してきたという。

しかし、それは「進路希望調査表」で、中3の受験生である今は、ある意味1番大切なものだった。


関連記事:滝沢カレンのゲームコントローラーの使い方に爆笑 「二度と触らせたくない」の声も

 

■進路を1分で決めようとする長男にお断り

これに対し、日菜は「1分で話つく訳ないだろーーーー!」「むしろじっくり話さなきゃいけないやつ…」と思い、長男にお断り。

「提出物早く出したほうがいいじゃ〜ん!」と長男は粘ってきたものの、「進路希望調査の1分は早すぎ!」と突っぱねたようだ。そして、「もう、ほんとなんでこうなの〜?」と嘆いた日菜だった。

次ページ
■「遅刻の回数も…」などのアドバイス

この記事の画像(2枚)


あなたにオススメ