外国人の約2人に1人が感じた「日本に来て気になったこと」が衝撃的すぎる

これは衝撃的…外国人が日本のおもてなしになぜか嫌な顔をする動画

提供:サンスター

 

日本にとって、外国人観光客は大事なお客様。彼らをおもてなしするために、さまざまな自治体や企業が、インバウンド向けの動画を公開している。

そんな中、「G・U・M デンタルリンス」を展開するサンスターが動画「FEEL JAPAN」を6月21日に公開。導入部分で、「日本のおもてなし」を描いたインバウンド向け動画かと思いきや…

 

■なぜかおもてなしに顔をしかめる外国人たち

動画の内容を簡単に説明すると、趣のある温泉旅館のシーンから、庶民的な居酒屋、ホテルなどで外国人観光客をもてなしているのだが、なぜか外国人たちが180度ぐらい首をそむけて、しかめっ面。

い、いったいなぜ? と思っていると、いきなり外国人のひとりから衝撃的な言葉が飛び出る。「クチ、クサイ」…と。

その言葉の直後、日本にやってきた外国人の53.2%が日本人の口臭が気になったことがあると回答したという調査結果が出てくる。この動画は、口臭予防の重要性を分かりやすく伝えるためにサンスターが作ったものらしい。

 

■日本人はオーラルケア意識が低い?

 

動画のデータは実際にサンスターが外国人500人にアンケート調査を実施した結果で、「約2人に1人が日本人の口臭が気になったことがある」と回答。

実際に日本人と外国人のオーラルケア意識を調査比較すると、日本人のオーラルケア意識が低いという事実も判明したのだ。

 

■サンスターが「STOP口臭JAPAN」プロジェクトを開始

 

“口臭予防には歯周病予防も重要”ということを伝える「STOP口臭JAPAN」プロジェクトを立ち上げた。

そして、様々な世界的ビッグイベントを控え、ますます訪日外国人が増える中、もっと日本を素晴らしい国だと感じてもらうために、“オーラルケアから日本のおもてなしに貢献する”をプロジェクトのひとつのテーマに設定。今回の動画も、その一環として制作された。

実際に「STOP口臭JAPAN」の取り組みとして、オーラルケアと歯周病予防の重要性を伝える講習会や体験イベントを実施していくそうだ。

確かにいくらおもてなしをしたって、口臭が気になったらそれどころではないのは外国人でなくてもおなじこと。ふだんからオーラルケアを心がけ、爽やかな息で客や友人をおもてなししたいものである。

(文/しらべぇ編集部 提供:サンスター)

この記事の画像(5枚)