10代の4割が「異世界転生したい」と思っていることが判明 やり直しがきく年齢だからこそか

10代の4割が異世界転生をしたいと思ったことがある その理由とは

ライフ

2019/06/21 09:40

平凡な人が異世界に転生し、現実世界では普通だと思われていた技能で無双する「異世界転生」モノの小説やマンガが人気だ。

とくに若い人からの異世界転生モノは絶大な人気を誇っているが、実際に若い人たちは、異世界に転生したいと思うことがあるのだろうか?


 

■異世界転生したいと思ったことがある割合

しらべぇ編集部が全国の10~60代男女1721名に『異世界に転生したいと思ったことがある』かを調査したところ、なんと10代は40.2%があると回答。

オッサンからすると「まだ若いのに…」と思ってしまうが、実際に異世界転生をしたいと思ったことがある20代の男子に話を聞いてみたところ、若いからこそ転生したいと思う理由があるようだ。


関連記事:『半沢直樹』に続編決定の報道 「原作での香川照之の立ち位置」に注目集まる

 

■20代男子のコメント

異世界に転生したいと思うことなんて山ほどありますよ。テストの結果が悪かったり好きな子にふられたり、バイトでミスったり…。


でも、異世界転生までいかなくても若いからやり直しがきくことは自分でも理解していて、やり直しがきかない年齢になる前に異世界転生をイメージして気持ちをリセットしてましたね。


現実に絶望して異世界転生したいのではなく、ミスを克服するために異世界転生をイメージしているんだと思いますよ。


■年齢が上がるとそうはいかない?

確かに男子が言うとおり、20代よりは30代のほうがやや異世界転生したいと思ったことがある人が多いものの、その数は40代以降かなり減ってくる。

年齢が上がるにつれやり直しがきかないと思うことも増えてくるが、やり直しがきく若者だからこそ、異世界転生したいと気軽に思うことが多いのかもしれない。

・合わせて読みたい→卓球・みまひなペア、日本48年ぶり銀メダルも疑惑の判定には「ビデオ判定導入」望む声

(文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(1枚)