目覚ましが鳴ってもガン無視! 寝起きが悪い人の日常風景とは

すっきりと起きれずに、悩んでいる人も多い。寝起きが悪い人の中には、周囲の手助けでようやく起きられる人も。

ライフ

2019/06/22 11:00

寝起き
(maroke/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

どんなに寝起きが悪くても、誰にも平等に朝はやってくる。そして出勤や通勤のために、起きなければならないのだ。


 

■3割以上が「寝起きが悪い」

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,721名を対象に、「寝起きについて」の調査を実施。

寝起きが悪いほうだグラフ

「寝起きが悪いほうだ」と答えた人は、全体で36.0%だった。


 

■母が起こしにくるまで寝続ける女性

性年代別では、年代が低いほど割合が高くなっている。

寝起きが悪いほうだ性年代別グラフ

また、男性よりも女性が多いのも印象的だ。

「どんなに目覚まし時計が鳴ろうと、まったく起きないから母があきれて起こしにくるのが我が家の日常。それでもなかなか起きないので、母の口調がだんだん強くなってきて…。


一人暮らしを考えたこともあるけれど、母がいなくて起きられるかどうかが心配なので実家にいる。そのおかげで、まだ会社を遅刻したことはないけれど」(20代・女性)

次ページ
■寝起きの彼女は機嫌が悪い

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ