「もうすぐイクところだったのに」 泣きだした生後2ヶ月の赤ちゃんを両親が殺害

パパ、ママがイイところでなぜか泣き出す赤ちゃん。それでもわが子は愛しいはずなのに…

オトナ

2019/06/23 16:20

ホテル
(MichaelLanghoff/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

肋骨骨折の重傷につき、わずか生後2ヶ月で死亡した赤ちゃん。不慮の事故という主張を貫いていた両親だが、法廷で語られた犯行動機は、大変ショッキングで身勝手なものであった。


 

■「不慮の事故」を装った両親

英国スタッフォードシャー州のバーントウッドで2014年4月、肋骨骨折の重傷を負った生後2ヶ月の男の乳児が搬送先の病院で死亡した。

「自宅内の不慮の事故だった」と主張し、わが子の死に嘆き悲しんでみせた両親。彼らは翌月に育児怠慢に関して有罪判決を受けたが、処罰自体は軽いものだった。


関連記事:滝沢カレンのゲームコントローラーの使い方に爆笑 「二度と触らせたくない」の声も

 

■酒を飲んで口論していた

ところがその後、奇妙な情報が検察に寄せられるようになった。近隣住民はこの家庭について金切り声や悲鳴を耳にしており、2人が「酒を飲んで口論していた」ことがわかってきたのだ。

さらに赤ちゃんの腕に噛まれたような傷があったことや、救急車を要請する前に1時間にわたる躊躇があったことを突き止め、検察は殺人の容疑でこの両親を追訴した。

このほどその裁判が結審。事件から5年を経て両親は断罪され、2人の身柄は刑務所へと送られた。26歳の父親が懲役8年、22歳の母親が同5年だという。

次ページ
■「イイところで泣かれ、つい」

あなたにオススメ