米国が5兆円投資の和平案を提示へ 「パレスチナ」クイズ

20世紀終わりには和平の道も見えたパレスチナ問題。しかし、現在も膠着したまま分離壁の建設も進んでいます。

シオニズム運動の結果として、第二次世界大戦に建国されたイスラエル。ローマ時代に祖国を追われたユダヤ人にとっては2000年近い悲願の達成である一方、長らくその地に暮らしてきたパレスチナ人とは激しい対立と紛争が続いてきました。

米国は22日、バーレーンで開かれる会合で、パレスチナ地域への5兆円の投資と100万人の雇用創出といった和平案の概要を発表。しかし、パレスチナ自治政府は会合への出席を拒否し、米提案を一蹴しています。

本日のデイリーニュースクイズ、テーマは「パレスチナ」。全5問に挑戦してみてください。


Q.イスラエルが独立するまで、パレスチナを国際連盟委任統治領として治めていた国はどこでしょう?

中東
◯ 正解! × 間違い!

正解は「イギリス」。第一次世界大戦まで、パレスチナはオスマン・トルコ帝国の領土でしたが、大戦で敗れたため、パレスチナとメソポタミア(現イラク)はイギリスの委任統治領に、シリアとレバノンはフランスの委任統治領として分割されました。歴史・文化的な背景を軽視した、列強による恣意的な分割であったため、現在まで禍根を残す火種のひとつとなっています。

Q.ユダヤ属州を廃止し、「シリア・パレスチナ」と改名したローマ皇帝は誰でしょう?

◯ 正解! × 間違い!

正解は「ハドリアヌス帝」。五賢帝の一人にも数えられる第14代ローマ皇帝です。ユダヤ人による大規模かつ長期にわたった反乱「バル・コクバの乱」を鎮圧した皇帝は、属州名から「ユダヤ」の名を廃し、旧約聖書にヘブライ民族の仇敵として登場する「ペリシテ人」にちなんで改名。ユダヤにとっては屈辱的な地名だったことでしょう。生き残ったユダヤ人たちはエルサレムに入ることを禁じられ、いわゆるディアスポラ(離散)が始まりました。

Q.パレスチナ自治政府のアッバス大統領が所属する政党はどこでしょう?

パレスチナ自治政府
◯ 正解! × 間違い!

正解は「ファタハ」。アッバス氏は、故・アラファト議長のあとを引き継ぎ、同党の第2代議長を務めています。米国・イスラエルと親和的なファタハに対して、対立志向が強いのが、ガザ地区を実効支配するハマス。ヒズボラはレバノンの武装組織ですが、レバノン議会に議席を持ち、連立政権に参加したこともあります。

Advertisement

Q.1993年、イスラエルとパレスチナ解放機構(PLO)が合意した協定を、会談が行われた都市の名前から「何合意」というでしょう?

握手 (sakai000/iStock/Thinkstock)
◯ 正解! × 間違い!

正解は「オスロ合意」。クリントン米大統領が仲介し、イスラエルのラビン首相とPLOのアラファト議長が会談。イスラエル国家とパレスチナ自治政府の相互承認などが定められました。しかし、イスラエルとアラブ諸国の関係改善は進まず、2006年にはイスラエル軍がガザ地区とレバノンに侵攻しています。

Q.イスラエルがヨルダン川西岸やガザ地区などを占領したのは、第何次中東戦争でしょう?

戦車・メルカバ (flik47/iStock/Getty Images Plus)
◯ 正解! × 間違い!

正解は「第三次中東戦争」。1948年5月14日、イギリスの委任統治終了に伴い、イスラエルが独立を宣言。翌日、周辺のアラブ諸国がパレスチナに侵攻し、第一次中東戦争が勃発。ヨルダン川西岸はヨルダンによって占領されました。その後、1967年に始まった第三次中東戦争で、イスラエル軍がヨルダン川西岸、ガザ地区、シナイ半島、ゴラン高原を占領(シナイ半島は1978年のキャンプ・デービッド合意に伴い1982年にエジプトに返還)。この中で、パレスチナ人の居住者が多いヨルダン川西岸とガザ地区が、パレスチナにおいてとくに問題となっています。

「パレスチナ」クイズ
「まだまだ」

まだまだ

残念! 中東関連のニュースにも注目してみましょう。
「なかなか」

なかなか

全問正解まであと一歩! 中東関連のニュースに今後も目を配ってみましょう。
「お見事」

お見事

素晴らしい正解率! 国際関係のニュースにもかなり目を通しているのかも。

デイリーニュースクイズ


・合わせて読みたい→叶姉妹、謎に包まれた収入源を告白 その方法に「なるほど」と納得の声

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

あなたにオススメ