人気ユーチューバー、友人・マホトの逮捕に絶句 「人間が人間にすることじゃねー」

同居していた女性を殴り、顔面を踏みつけるなどして逮捕されたワタナベマホトについて、友人のユーチューバーが語った。

エンタメ

2019/06/26 05:45

当サイトでも断続的にお伝えしているように、人気ユーチューバーのワタナベマホトが同居していた女性に暴行を振るい、逮捕されていたことが20日にわかった。

シバターヒカルなど、同業者からも批判の声があがるなか、登録者数100万人を超える人気ユーチューバー・PDRが、ワタナベについて語った。


 

■「擁護のしようがない」

22日、「マホトについて」という動画をアップしたPDR。ワタナベとは昔、トラブルがあったものの、それを乗り越えて以降は友人関係にあり、事件発覚直前にもプロレスの話などをしていたという。

そして、同居女性を殴り、顔面を踏みつけたというワタナベの暴行内容に話が移ると、「擁護のしようがないですね」「マホトが100%悪いです」とコメント。


関連記事:滝沢カレンのゲームコントローラーの使い方に爆笑 「二度と触らせたくない」の声も

 

■暴行の内容に「人間が人間にすることじゃねー」

そして、「踏みつける」という言葉を聞いて、最初に映画『アメリカン・ヒストリーX』を思い出したことを明かす。これは白人至上主義に傾倒する兄弟を描いた作品だが、その中で出てくる、兄が黒人男性の顔を踏みつけるシーンを思い出したというのだ。

なぜ、ワタナベの謝罪を観てそう思ったのか。PDRによると、人の顔を踏みつけるという行為はそれだけ、「普通じゃないから」「人間が人間にすることじゃねーから」なのだと言う。たしかに、普通に生きていれば映画やマンガなどでしか見ない行為だろう。

次ページ
■「その通り」と称賛の声

この記事の画像(1枚)