爆笑問題・太田、宮迫らの闇営業騒動に苦言 「金もらうんだったらネタをやれ」

『爆笑問題カーボーイ』で、爆笑問題・太田光が闇営業で謹慎処分となった宮迫博之に彼らしいエールを送った。

エンタメ

2019/06/26 15:40


 

◼太田の主張にリスナーは?

この太田の主張に、田中は「今回のことに関して言えばネタやろうが何しようがダメ。太田さんの個人的な見解としてはね」とツッコみ太田も「俺の個人的な見解」とあくまでも持論だと主張した。リスナーも、太田の主張にさまざまな感想を寄せている。


関連記事:外国人の約2人に1人が感じた「日本に来て気になったこと」が衝撃的すぎる

 

◼太田からのエール

さらに今後について、「テレビは許さないかも知れない、スポンサーさんやなんかはね」としながらも、「ネタが面白いってことになれば客は別についてくる」と太田なりの見解を口にする。

「ホトちゃん(相方の蛍原徹)だって一時期は自殺しようってくらいに落ち込んだ時期もあった。2人とも地獄を見て復活したんだから、またイチからネタ作ってやりゃいい」と彼らしいエールを送った。

宮迫らは猛省し今後について苦悩しているだろう。芸人ならではの、太田の温かい言葉が彼らに響くことを願うばかりだ。

・合わせて読みたい→「パート勤務は共働きじゃない」 正社員のママ友から言われた言葉にモヤモヤ

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ