姫咲☆兎らが演技初挑戦 「露出狂だからグラビアのほうが楽しい」とマイペース

グラビアDVD『餌狼 そして誰もいなくなった』(Deepred)の記念イベントが開催され、姫咲☆兎らと本多希が登場。

2019/06/26 20:50

姫咲☆兎ら

4日、異色のグラビアDVD『餌狼 そして誰もいなくなった』(Deepred)が発売されたことを記念したイベントが22日に都内で行われ、姫咲☆兎らと本多希が登場。撮影時のエピソードや裏話などを語った。


■作品の説明を言葉をつないで…

姫咲☆兎ら

今回の作品は、グラビアの水着の撮影会で殺人事件が発生したというストーリー。姫咲☆兎らは作品について、一言で「人間関係のどろどろがすごいある」と懸命に言葉をつないで説明。

「出てくる人が揉める」「ファンや撮影会のスタッフなど、ファンや撮影会のスタッフなど、普段の撮影会のリアルな感じが出ている空間だった」と雰囲気を伝えた。


画像をもっと見る

 

 

■血で楽しんだ?

姫咲☆兎ら

姫咲☆兎らはこれまでグラビアを中心に活動してきており、「舞台も練習も今まで経験がなかった。セリフは難しすぎた」と苦戦したとか。

だがそれでも「楽しかったのは血のり。血を付けられた」と狂気じみた一面を冗談交じりに話し、報道陣を笑わせた。

→Amazonバレンタイン特集2023 ギフトやご褒美に、定番チョコから人気のブランドまで

次ページ
■「露出狂だから」
セクシードラマグラドルリアル殺人事件本多希姫咲☆兎ら
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング