危険運転の男に「気をつけろ!」と注意した老人 運転手が逆ギレして起こした行動とは

悪質な運転手に轢かれそうになった男性が、抗議した末に酷い暴行を受ける事件が起きた。

社会

2019/06/27 09:00


 

■重傷を負った男性の決意

「死ななくてラッキーだった」と警察がコメントするほどの怪我を負った男性だが、今は恐怖よりも怒りが大きいとのこと。

体の傷はまだ癒えず痛みを我慢しながら生活しているというが、「あのクソ野郎の顔をこの目で見たい」と裁判に行く意向を明かしている。


関連記事:高齢男性が運転する事故がまた発生 過去の行動に「救いようがない」と怒り爆発する人も

 

■危険運転に遭遇した経験は?

しらべぇ編集部が、全国10代〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の49.5%が「危険な運転に遭遇または目撃したことがある」と回答した。

運転手同士のあおりあい、運転手による歩行者に対する嫌がらせ、交通ルールを無視しての無謀運転など様々なケースが考えられるが、このような運転が原因で起こる痛ましい事故や事件は後を絶たない。

老人をあおり暴行まで加えた悪質運転手への判決は7月に下される予定だと英『Sky News』は報じているが、多くの人が「厳罰が下るように」と願っている。

・合わせて読みたい→車から知人が転落して死亡 ドライバーが明かす「ありえない状況」に衝撃

(文/しらべぇ編集部・マローン小原)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)