82歳男性が複数の男児にキス 許されない事件に「教育委員会が出した対応策」とは

男児に対する強制わいせつ容疑で82歳の男を逮捕 その実態とは…

話題

2019/06/27 19:00

男
(ziggy_mars/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

高齢者による交通事故が社会問題化する中、今度は高齢者によるわいせつ、暴行が発覚。しらべぇ取材班は、県警、教育委員会、周辺の学校に話を聞いた。


 

■男児3人にわいせつ行為など…

福岡県警は26日に強制わいせつと暴行の容疑で、同県の飯塚市に住む無職の男(82)逮捕した。容疑は24日に市内の路上で9歳と7歳の男児にキスをし、かつ7歳の男児には両頬をつかみ、11歳の男児に対しては手を殴る暴行を加えた疑い。

小学校から通報を受けた警察が捜査し、男を逮捕。男は容疑を否認しているという。


関連記事:外国人の約2人に1人が感じた「日本に来て気になったこと」が衝撃的すぎる

 

■「被害児童に寄り添った対応」

飯塚市教育委員会は24日夜にこの事件を把握した。しらべぇ編集部の取材に対して「学校、保護者と連携して被害児童に寄り添った対応をしている。こういった事件が起こらないように、地域にある見守り隊などとの関係を強化していく」と答えた。

こういった場合直ちに被害者の心のケアのために、スクールカウンセラーを学校に派遣する教育委員会もあるが、飯塚市教育委員会はいまだにその対応を取っていない。

周辺の学校の教頭は「不審者の情報が入った場合は、警察、教育委員会と情報を共有。保護者には、メールや文書で知らせている。それ以上の詳細は教育委員会に聞いてほしい」と回答した。


■日本は性犯罪に甘い?

今回は幼い児童が性犯罪に巻き込まれた。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,344名を対象に調査したところ、全体の86.5%が「日本は性犯罪に甘いと思う」と回答している。

全国各地で不審者出没が相次いでいる昨今、地域全体で児童、生徒を守っていく必要がある。教育委員会担当者は、「自分の身は自分で守る」ということを指導していくと取材で答えた。

しかし、自分で守れない児童・生徒もいる。どう援助やバックアップしていけるかを考え対策を講じていくのが、教育委員会の本来の姿ではないだろうか。

・合わせて読みたい→「パート勤務は共働きじゃない」 正社員のママ友から言われた言葉にモヤモヤ

(文/しらべぇ編集部・おのっち

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1.344名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ