張本勲氏、満員のMLB英国開催に「珍しいから来てるだけ」 「自国ではガラガラ」と批判も

日本時間の30日にロンドンで開催されたMLB公式戦。これに張本氏は…

スポーツ

2019/06/30 12:00

 

■発言に怒りの声

張本氏の「メジャーリーグはアメリカでガラガラだから海外で興行を打った」という持論に、視聴者からは怒りの声が上がった。

また、張本氏が「日本は1962年以来海外で試合をしていない」というコメントについても、「2002年に台湾で福岡ダイエーホークス対オリックス・ブルーウェーブの試合が行われている」という指摘が。

確かに2002年行われており、「訂正するべきだ」との声が噴出した。


関連記事:小宮山悟氏、張本氏の「メジャーは下手」説に反論し称賛 「能力はアメリカが上」

 

■競技普及のためにも思えるが…

張本勲氏の見解が正しいか否かは意見が分かれるところ。マーケット拡大の要素もあるだろうが、今回は陸上用のロンドンスタジアムを野球場に改修しており、それなりの費用がかかっていた様子。

高橋尚成氏の言うように世界的にはマイナースポーツに分類される野球を「広めたい」という気持ちから開催に至ったと考えるほうが、自然のように思える。

しかし張本勲氏は「アメリカの観客動員数が低迷しているため、ロンドンに進出した」と考えているようだ。

・合わせて読みたい→張本勲氏、佐々木郎希投手を温存した大船渡高監督に激怒 「楽させちゃダメ」

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治


あなたにオススメ