スマホを落とした女性の行動に疑問の声 「40歳前のいい大人が酷い判断ミス」

大事なスマートフォンが線路に!駅には電車が迫っていたにも関わらず、女性は迷うことなく線路へ…。

社会

2019/07/02 08:00

(avtk/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

スマホ依存症が社会問題になる中、30代後半の女性がうっかり線路に落としてしまったスマートフォンを拾おうとしたばかりに…。



 

■人身事故発生

6月に、米イリノイ州シカゴの駅にて重大事故が発生した。乗客がよく見える場に「線路から離れてください」と書かれた看板があったにも関わらず、ある女性が線路にスマートフォンを落としてしまい、慌てて線路に降りたのだ。

すぐに拾ってホームに上がれば問題ないと思った末の行為だったとみられているが、その際すでに駅に向かっていた電車は急停車できず、女性はあっという間に電車に轢かれ、変わり果てた姿になってしまった。


関連記事:駅ホームから人が線路に落下 眺めることしかできず「本当に後悔」

 

■身元確認と事故の影響

その後、救助に向かった人たちが女性の死亡を確認。37歳の女性であることが判明し、「線路に落としたスマートフォンを拾おうとした女性が死亡」とアメリカの複数メディアが大きく報じた。

この事故の影響で駅は大変な騒ぎとなり、調査を含む業務や処理ゆえに、事故発生から約2時間30分は通常の運行が不可能な状態に。対応を迫られた当局が急遽シャトルバス数台を用意し、客の移動になるべく影響が出ないよう尽力したことも伝えられた。

次ページ
■母親の嘆きと世間の声

この記事の画像(2枚)