転校生男子が女子生徒に性的暴行 男子の過去の経歴に「なぜ受け入れた」と非難の声

思春期の男子のなかでどんどん高まる「性」への関心。度を越し、理性を失えば学校を舞台にこんな事件も…

オトナ

2019/07/02 09:20

(Khotcharak Siriwong/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

インターネットでわいせつ画像や児童ポルノが氾濫するに伴い、確実に増えてきたといわれている低年齢者による性犯罪。教育現場である学校も、絶対に安全とは言い切れないようだ。


 

■犯行現場はひと気のないトイレ

このほどロンドンにあるイギリス検察局が、学校名および生徒名は加害者、被害者ともに伏せるとしたうえで、ある中学校で校内レイプ事件があったことを発表した。

被害にあったのは13歳の女子生徒。ひと気のないトイレに押し込まれて暴行を受けたと訴えており、検察局が現在その男子生徒の起訴を検討しているという。


関連記事:中1男子が学校トイレで首吊り 悲痛な死に「学校調査の無力」を嘆く声

 

■加害者は以前の学校でも事件

この事件の加害者は転校してきた男子生徒で、その後にわかってきたのは、以前に通っていた学校でも同様の事件を2度も起こし、退学処分を受けていたという驚きの事実であった。

被害にあった少女は気が弱く大人しい性格で、体格的にみても奥手なタイプである。男子生徒は敢えてそういう女の子を選び、隙を狙っていたとの見方もあるようだ。

次ページ
■被害者の父親は学校に激怒

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ