ストロングゼロで米を炊いた「ストロングごはん」が激ウマ 古米が絶品に変化

ストロングゼロでごはんを炊いた『ストロングごはん』が激ウマ

グルメ

2019/07/03 10:00

しゃぶしゃぶやお茶漬けなど、さまざまな料理に使えるストロング系チューハイの定番『ストロングゼロ』。

ストロングゼロを使った料理は「ストロンググルメ」と呼ばれ、徐々にストロングゼロ愛好家から愛されるものになっている。


 

■ストロングゼロで炊飯

そんなストロングゼロ、じつはご飯を炊くときに水の代わりに使うと、古くなった米を美味しく食べることができるのだ。日本酒を少量入れて米を炊くと、華やかな香りになって美味しいことはよく知られているが、その要領である。

使い方は簡単で、炊飯器の目盛りにある水量と同じか、ほんの少し多めに入れて炊けばOKだ。記者のおススメはドライ。


 

■炊き上がりはいい感じ

ごはんをストロングゼロで炊くと、炊飯中のアルコール分を含んだ蒸気がいい感じにほろ酔い気分を増幅させ、テンションが上がってくる。

炊き上がりは非常にツヤツヤしており、古米の嫌な臭いはまったくしない。


■カレーやアジア系料理とぜひ

ひと口食べてみると、ほんのりとした柑橘の風味がある以外は、いつもの白米と変わらない。

柑橘風味があるのでそのまま食べるよりは、カレーやアジア系の料理と合わせるとバツグンに美味しいハズ。ストロングマニアの諸君は、ぜひ試してほしい。

・合わせて読みたい→ストロングゼロを使った『ストロングタピオカドリンク』が激ウマ! おじさんでも飲める味

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(6枚)

あなたにオススメ