パンサー・尾形がK‐1・武尊とキック対決 土下座で「八百長してください」

これって「モラハラ」? それとも「愛」? パンサー尾形の重すぎる愛情がSNSで話題に。

エンタメ

2019/07/03 06:00

キックボクシング
(sportpoint/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

6月2日に放送された「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)に、お笑いトリオ・パンサーの尾形貴弘が出演。以前、妻への嫉妬心や束縛が注目され炎上することなった尾形が、本当に嫉妬心を克服できたのかを再検証した。


 

■武尊選手に「蹴りだけなら勝てる」

先輩芸人である品川祐宅でのホームパーティーに招待された尾形夫妻。尾形以外は全員隠し撮りを把握している中、尾形の因縁の人物であるK-1ファイターの武尊(たける)選手がパーティーに登場。

4月の放送では妻・アイちゃんが武尊選手のファンと決めつけると、それを不貞行為だとして「もう離婚だよ!」とガチキレした尾形。炎上を受け反省したはずであったが、2人の会話が弾むにつれてみるみるうちに表情が曇り、ささいなことで武尊選手への対抗意識をむき出しに。

「格闘技は興味ある?」と聞かれると「興味ある。蹴りのみとかだったら全然…もしかしたらって言うか、(武尊選手に)勝てるよ」と、挑発的なコメントをしてしまう。


関連記事:パンサー・尾形が精神えぐられるドッキリ 「やりすぎ」「見てられない」と物議醸す

 

■スペシャルマッチが開催

ホームパーティーはかつての二の舞のような結果となってしまったが、尾形が発した「蹴りだけなら勝てる」という言葉を受け、スタジオに武尊選手が登場。特設リングで実際にバトルをすることに。

試合開始早々に強烈なローキックを受け悶絶し、最後はレフェリーストップによる惨敗を喫した尾形だったが、試合後に「アイちゃんが武尊くんのこと好きになっちゃうから、勝ってる感じにしてほしい。八百長してください!」と、土下座で八百長を頼み込む姿で企画は終了した。

次ページ
■ツイッターでは賛否両論

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ