ネオチャラ男芸人・EXIT兼近の父、息子のファンに手を出している疑惑から衝撃事実判明

『ウチのガヤがすみません!』でEXIT・兼近大樹の父が「息子のファンに手を出している疑惑」の真相が明かされた…

エンタメ

2019/07/03 11:30

(IPGGutenbergUKLtd/iStock/Thinkstock)

若者を中心にネオチャラ男芸人のキャラクターで人気急上昇、大ブレイクの兆しを見せるお笑いコンビ・EXITのりんたろー。と兼近大樹が2日深夜放送『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に登場。

息子のファンに手を出している疑惑のあった兼近の父について番組が調査、驚きの事実が判明した。


 

■兼近父の疑惑

ブレイク間近の兼近につきまとう噂が「父親がファンに手を出している」というもの。

EXITの2人しか知りえない情報がSNSを介してファンに流出、その流出元を探ると「ニセかねちー」というアカウントに辿り着く。この「ニセかねちー」が兼近の父親。さらにファンとも絡んでいたため「ファンに手を出している疑惑」が囁かれるようになったのだ。

幼少期は極貧生活を過ごし、離婚した母親と生活してきた兼近。北海道に住む兼近父に、ユーチューバー芸人のフワちゃんが突撃取材を敢行した。


関連記事:菅田将暉の「吉本の小松菜奈」へのツッコミが絶妙すぎと話題 「キスしとんねん」

 

■兼近にも内緒で部屋を借り…

リフォーム業を営む52歳の兼近父。1人暮らしの自宅は殺風景な1ルームだが、「家族に内緒で別の部屋を借りている」と告白。自宅の向かいの建物の部屋に入るとそこには驚きの光景が。

部屋中に3,000匹以上のヒラタクワガタの生体や標本が並んでおり、兼近父がヒラタクワガタマニアだと判明する。さらに別にもう一部屋、資材を置くための部屋と、地下に1,000匹以上の幼虫をストックした部屋もあり、「月に30万円以上」をクワガタにつぎ込んでいると明かされた。

次ページ
■極貧時代も反省

あなたにオススメ