ゴルフクラブや平手打ち、数々の虐待事件に悲しみ相次ぐ 「子供を救ってあげて…」

全国各地で虐待事案が相次ぐ その実態とは…

話題

2019/07/04 08:40

 

■5歳児の顔面を複数回平手打ち

また2日、福岡にて母親の美容師の女(39)と内縁の夫でとび職の男(46)が、5歳女児のほおを殴ってけがをさせたとして傷害の疑いで通常逮捕した。ケガの度合いは、加療2週間を要する程度だという。

福岡県田川児童相談所は、しらべぇ編集部の取材に対して「この家庭には3人の子供がおり、長女が長男と次女を心配して児相に通報して来た。警察官が女宅を訪れたところ次女のほおが腫れていたため、児相と協力し3人を一時保護した」と回答した。


関連記事:児童を保護しようとした職員を父が暴行 命がけで職務を執行した姿勢に賞賛の声

 

■親に対する批判が殺到

ネット上では、これらの親に対する批判が殺到している。

「自分の娘をゴルフクラブで殴れる神経がわからない。暴力でしか、支配できない最悪な親」


「娘さんが助かってよかった。心身に負った傷が回復されますよう。父親には厳罰、親権の剥奪でいいと思います」


「保護されるケースが増えているような気もする。1人も見過ごすことなく、子供を救ってあげてほしい。命があれば、きっと幸せになれるはずです」


今回は児相と県警の連携、そして姉による通報で最悪な事態にはいたらずに済んだ。今後も事件が起こる前に積極的に介入、支援を行ってほしい。

・合わせて読みたい→ラグビー会場で児相職員が下半身をポロリ 「県民の期待を裏切った」

(文/しらべぇ編集部・おのっち