愛犬の胃腸につまった2キロもの小石 飼い主がバーベキューで犯したミスとは…

楽しいだけじゃダメ。バーベキューのマナー、守っていますか?

社会

2019/07/06 07:40

(AimesElement/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

バーベキューをすれば必ず出るゴミ。紙のゴミもあれば野菜クズや焦げた肉片もある。その後片付けをきちんとしてこそ、「楽しかったね」と言えるのではないだろうか。



 

■犬の胃腸には小石が数珠なりに

米国オハイオ州ウェリントンの、ある獣医の元に運び込まれた1頭のゴールデンレトリバー。女の飼い主は「ひどい胃腸炎を起こし、吐しゃ物や排せつ物に小石が混じっています」と訴えたという。

すぐにレントゲン検査が行われ、獣医は画像を見て驚いた。その犬の胃には大量の硬い異物が存在し、腸にも同じものが数珠なりに詰まっていたのだ。

さっそく治療に入り、5日間かけて犬の腹部からすべての異物が取り出された。小石の重さだけでも、少なくとも5ポンド(約2.26kg)あった。


関連記事:近所のダルメシアンを殺害した男 「毛皮のコート着たかった」との供述で精神鑑定へ

 

■庭の一角の小石がごっそりと

小石は自宅の庭のものであった。「いったいなぜ」と考え込んでしまった飼い主。そして庭のある部分だけ、地面の小石がごっそりとなくなっていることに気づいた。

飼い主がそこで思い出したのは、自分たちはその前にバーベキューを行ない、プレートに残った汁をそのあたりにサッと捨てていたこと。犬は、バター焼きしたエビから出た美味しい汁がしみ込んだ小石をエサと勘違いし、きれいに食べていたのだ。 

次ページ
■「驚きと恐怖を感じた」と獣医

この記事の画像(2枚)