Matt、ディズニーシーで「バレバレだった」 高身長ゆえの珍事も

桑田真澄氏の次男・Mattが、友人とディズニーシーへ行ったことを報告。高身長の抜群のスタイルゆえに経験した「ある出来事」が話題になっている

エンタメ

2019/07/06 05:00

元プロ野球選手・桑田真澄氏の次男でモデルのMatt(マット)が、4日から5日にかけてインスタグラムを更新。美容系ユーチューバー・マフィンとともに東京ディズニシーへ行ったことを報告し、そこで経験したある出来事が話題になっている。


 

■自分だけ身長を測ることに

話題となっているのは、Mattがストーリーズに投稿した内容。「なんかね、初めての経験だったんだけど、乗り物乗るときに身長を測られたの」と明かし、「子供が身長測るのはよく見るんだけど、大人も測るの? すごい恥ずかしかった。。」と気持ちを打ち明けた。

「182センチしかないのになんで測られたんだろう? 190とか2メートル超えてるならまだしも」とつぶやきつつ、「きっと安全のためなんだろうけど、初めての経験だったからびっくりした」と、安全対策に理解を示した。


関連記事:Matt、電車内で自撮り写真 「意外とバレなかった」

 

■「きっとオーラのせい!」

Mattが身長を測られたというアトラクションは、「レイジングスピリッツ」という360度のループコースター。ディズニーシー公式ページに記載されている利用制限を確認してみると…

「身長195cmを超える方はご利用になれません」


とあり、高身長であるマットは声をかけられた可能性が高そうだ。この出来事について、ファンからは「たまに外国の方が測られてるの見ますよ」「オーラのせいで200センチほどに見えたんでしょうね」など、スタイルの良さや華やかなオーラも、声をかけられた要因ではないか、というツッコミが寄せられた。


■ファンタジーな顔で「バレバレだった」

インスタグラムを更新する度に話題となり、バラエティ番組やラジオにも出演する人気芸能人なわけだが、ディズニーシーへは「ファンタジーな顔」で出没したため、「バレバレだった」とMatt。

しかし、彼自身は「みんなが幸せな気持ちになったのならそれでオッケー」というスタンスのよう。パーク内で写真を沢山撮ったそうだが、「インスタの写真は1枚につき20分の加工タイムが必要」なため、掲載するまでに少々時間がかかるようだ。

今後の「夢の国」での美男子2人のオフショット投稿が楽しみである。

・合わせて読みたい→Matt、驚きの金銭感覚を告白 「せっかく桑田家に生まれたので…」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ