柄本明、亡き妻・角替和枝の意外な一面を語る 「お前は『ゼルダの伝説』から何を学んだ」

親友の笹野高史が柄本夫妻の仲の良さを語る。柄本自身が妻の角替和枝のゲーム好きエピソードを語る場面も。

エンタメ

2019/07/06 12:00

(画像提供:『ダウンタウンなう』©フジテレビ)

5日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ・関西テレビ系)の「本音でハシゴ酒」では柄本明が登場。ダウンタウンと坂上忍と飲み友達の夏菜が、亡き妻の角替和枝の話題で盛り上がった。


 

■笹野高史から見た柄本夫妻の仲

柄本とは45年来の親友である笹野が、柄本と和枝の仲の良さを語る場面があった。

「毎日、喫茶店で1時間や2時間はお茶を飲んでいる。映画の話をしている。すごく仲いいな、と。和枝ちゃんは柄本ちゃんのこと好きだったなと思うし、柄本ちゃんも和枝ちゃんのことが本当に好きだったなと思う。


本当に心の中にポッカリと大きな大きな穴が空いてるはずだから。僕らは何もしてあげられないのが悔しいなといつも思う。神様もずいぶん残酷なことをするな、と」


関連記事:三宅裕司と柄本明が語る「夫婦の話」が話題 「ゼルダの伝説で…」

 

■柄本は照れ隠しも

柄本夫妻の人生を見つめてきたからこその言葉なのだろう。しんみりとした空気が流れる。だが、柄本からは意外な反応。

「この人仲悪いですよ。全然仲悪い。ただ付き合いだけは長いんですよ」


本当に仲がよいからこそのイジリによって、笑いを誘った。和枝との仲の良さを語られたことの照れ隠しもあったのかもしれない。

「でも、まあ、有り難いですね」


ひと笑いした後は、きちんと感謝の言葉もあった。笹野との気の置けない関係が伺える。

次ページ
■妻・和枝のゲーム好きエピソード

あなたにオススメ