売り場のアイスクリームを舐めて投稿した「バカッター」事件 逮捕の未成年少女に重い刑罰も

消費者の信頼や食の安全がゆらぐ悪質ないたずらは、未成年者だからといって許されることではない。

社会

2019/07/07 15:20

アイスクリーム
(JohanJK/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

しらべぇでも既報だが、このほどアメリカのあるスーパーマーケットで、女が売り場のアイスクリームをペロリと舐める様子をツイッターに投稿。日本ではいわゆる「バカッター」と呼ばれる行為で、全米に波紋を広げていた。その犯人がやっと捕まったようだ。


 

■売り場のアイスを舐めて戻す

スーパーマーケットのアイスクリーム売り場で1つのカップを手に取り、フタを開けると大きな舌でアイスの表面をペロリと舐め、何食わぬ顔でフタを閉めると棚に戻したその女。撮影者も彼女に「舐めろ、舐めろ」と煽っていた。

女が舐めたアイスクリームを買った客がいることを想像し、世間は「許しがたい悪質ないたずら」と犯人の一日も早い検挙と断罪を要求。警察もソーシャルメディアと連携し、犯人の身元特定を急いでいた。


関連記事:スーパーで客が行った「汚い行動」がツイッターに拡散 製造元も「許しがたい」と憤怒

 

■逮捕されたのは未成年少女

『NBC News/ダラス・フォートワース』が今、その事件の舞台となったスーパーマーケットが特定されたこと、そして容疑者としてテキサス州サンアントニオ出身の未成年少女の身柄が拘束されたことを報じている。

米連邦捜査局(FBI)および米食品医薬品局(FDA)も動き出したこの事件。成人であれば、最高で懲役20年の実刑判決および最高1万ドルの罰金刑が下る可能性があるという。

犯罪が悪質な場合、容疑者が未成年者であってもアメリカの法曹界は甘い顔をしない。そのため、この少女がどう裁かれるものか早くも注目が集まっている。

次ページ
■アイスクリームブランドの被害は深刻

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ