「お肌の曲がり角」も関係? すっぴんを他人に見せたくない人の割合は…

化粧とは「化け(ばけ)粧う(よそおう)」と書く。すっぴんを見せるのは勇気がいるものだが…

ライフ

2019/07/08 11:30

すっぴんキャッチ
(sunabesyou/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

最近では、すっぴんと化粧後の顔がまったく違う「詐欺メイク」や、あらゆるテクニックを使いコンプレックスを隠す「整形メイク」と呼ばれるものが登場し、話題となっている。

そうしたメイク術をアップするユーチューバーが人気を集めたり、テレビや雑誌で特集が組まれたりと、世の女性たちのメイク技術は上がっているように感じるが、メイクした顔と素顔の差が大きくなればなるほど、すっぴんになるハードルも上がってしまうものだ。


 

■すっぴん見せたくない人は2割

しらべぇ編集部は全国10〜60代の女性915名を対象に調査を実施。全体の23.1%が「家族以外の人にすっぴんを見せたくない」と回答した。

すっぴん

7割以上の人が家族以外にもすっぴんを見せられるというのは、少々意外な結果となった。


 

■「お肌の曲がり角」も関係?

今回の調査結果を年代別で見てみると、ある傾向が見えてきた。

すっぴん

20代~40代の割合がとびぬけて高く、山型のグラフとなった。もっとも割合が高かったのは30代で25.8%。40代が25.7%で続き、20代も25.2%と他の世代とは3ポイント以上差をつけている。

対して、もっとも割合が低かったのは、19.5%で10代となった。10代は学生が多く、規則で化粧が禁止されている学校に通っている人もいるだろう。普段からすっぴんでいることが多く、すっぴんを見せることに抵抗がないのかもしれない。

一方、もっとも割合が高かった30代は「お肌の曲がり角」という言葉があるように、肌のトラブルを抱えやすくなる年ごろだ。シミやシワに加え、くすみが出てくることもある。

「曲がり角」を迎え、すっぴんになると年齢がダイレクトに出てしまうこともあり、他人には見られたくないと感じるようになるのだろうか。

次ページ
■容姿に自信は関係ない

この記事の画像(4枚)

あなたにオススメ