タベアルキスト・マッキー牧元の弁当勝負 「とんかつ弁当」の偉大さとは

マッキー牧元氏が日々行う「弁当勝負」とは何なのか。今回は「とんかつ弁当」がテーマだ。


 

■とんかつは偉大

とんかつ弁当

とんかつは4切れ。百数十グラムか。いつものように何もつけずに、齧ってみた。 当然衣のカリッとした食感はない。 しかし香ばしいのである。

肉はもちろん冷えきり、堅くなり、肉汁は忘却の彼方へ置き去られ、かつて豚肉であったという気配は、微かに残すのみだが、この衣の香ばしさで食べさせるのである。

ううむ。改めてとんかつという料理の偉大さに、感心をした。 ソースをかけ、蓋に絞り出した芥子につけて食べる。 うん、これならご飯が進む。 また不思議なことに、固いことによって、より肉感が増すのである。

「柔らかい」言う常套句を封じられたグルメレポーターが食べたなら、なんと言うのだろうか。 さて隣人である。 おおっ、鶏サラダである。ドレッシングをかけムシャムシャ食べ始めた。


関連記事:「恵方巻ゴミ問題」も防げる究極の恵方巻をほっともっとが発売 味も最高だった

 

■マッキー氏「弁当勝負」の結果は…

これなら「勝てる」と思っていると、袋から炭水化物を取り出した。 「とんかつドック」である。 ああ、かぶっているではないか。 同じ冷えたカツなら、こちらのほうが、量、質、味のバリエーションともに上だぞ。えへん。

とんかつドック食べ終えると次に、鮭わかめにぎりを取り出したが、それを見て勝利を確信した。 今日は「こだわりのとんかつ弁当」で勝利。 いい日になりそうだ。

※2018年6月より「三元豚トンカツ弁当」に変更

・合わせて読みたい→飯島直子、牛丼の食べ方に賛否 「わかる」「ちょっと引いた…」

(取材・文/しらべぇ編集部・マッキー牧元

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

新幹線とんかつマッキー牧元駅弁品川駅弁当勝負味の手帖とんかつ弁当
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング