児童を保護しようとした職員を父が暴行 命がけで職務を執行した姿勢に賞賛の声

児相職員に暴行 妻を切りつけた男が逮捕

話題

2019/07/09 06:00

拳
(ndranik Hakobyan/iStock/Getty Images Japan/画像はイメージです)

各地で起き続ける児童虐待。最近では児相職員がわいせつ行為で逮捕される事件も発生。そんな中、職務を遂行しようとした児相の職員と警察の妨害をする男が現れた。しらべぇ取材班は、茨城県警古河署と筑西児童相談所を直撃した。


 

■児相職員への暴行容疑で逮捕

男は5日、児童を一時保護するために訪問した児童相談所職員らに激高し、「なんで来たんだ。ぶっ殺すぞ」などと怒鳴って台所から包丁を取り出した。

その際、止めに入った妻(38)の右腕に切り傷を負わせ、児相職員の顔を殴ったとして傷害などの疑いで、児童の父親の無職の男(50)を現行犯逮捕した妻への傷害や児相職員らへの暴力行為法違反、公務執行妨害の疑いで7日に送検。男は容疑を否認しているという。



関連記事:生後6ヶ月の長男にかみついた父親 頭蓋骨骨折、全身のあざ発覚に非難轟々

 

■職務は「ぎりぎりのところで」

古河署によると、児童にけがはなく福祉施設へ保護された。警察にはこれまで虐待や家庭のトラブルに関する相談や通報は寄せられていなかったが、児相から申し出があり署員が同行したという。警察は、子供と引き離されることとに怒り、犯行に及んだとみている。

筑西児童相談所は、しらべぇ編集部の取材に対して「今回は逮捕された男が興奮していた。職員が暴行されることは頻繁にあることではないが、ぎりぎりのところで職務を行っていることは事実」と答えた。


■「児相よく頑張った」の声

危険な目に遭いながらも、職務を遂行した職員に賞賛の声があがっている。

「職員さん立派ですね。児相絡みで悪いニュースも多いけど、頑張っている職員さんも多いのでしょうね」


「児相よく頑張ったぞ! こどもがクソ親父から救われて良かった」


「いつも、児相何やってんの? 子供保護しろよ! ってばかりがニュースになりますが、児相の方達はよくやってくれたと思います」


「児相と警察の連携は素晴らしい、必ずこのスタイルでやったほうが良いと思います。子供はこのクズ親に戻してはいけない」


これからも児相と警察の連携により、虐待に苦しむ児童・生徒を一人でも多く救ってほしい。

・合わせて読みたい→行政が何度も見過ごしていた虐待 県は「あくまでネグレクトと捉えており…」

(文/しらべぇ編集部・おのっち


あなたにオススメ