ネットショッピングで全く記憶のないモノが届く 「犯人」を探したところ…

ネットショッピングは便利だから大好きというママさんたちは、どうか気を付けていただきたい。

社会

2019/07/09 08:40

(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

オンラインショッピングの利用頻度が増えるにつれ、どうしても「毎度この部分を入力したり、クリックしたりするのは面倒」という気持ちが生じる。

そこで登場したのが「ワンクリック(1-Click)注文」システムだが、あまりの便利さに、時にはこんなトラブルも起きているようだ。


 

■届いたソファに購入の記憶なし

米国カリフォルニア州サンディエゴ市に暮らすある女性が今、ソーシャルメディアで世界の人々に向けて「Amazonのワンクリック注文には気を付けて」と呼び掛けている。

「ワンクリック注文は便利だけれど、やはり私はOFFに切り替えました」というその女性のお宅には今、本人が購入した覚えのない430ドル(日本円にして約4万6440円)のソファが鎮座している。


関連記事:話題の「Amazonダッシュボタン」 消費者の期待の声とは?

 

■5分経過後のキャンセルは不可

「ご購入ありがとうございます。本日商品を出荷いたしました」という通知を受けて、初めてその事実を知った女性。すぐに注文のキャンセルを試みたが、すでに遅かった。

カスタマーサポートは女性に「返却なら可能だ」と説明。手数料と送料として日本円にして約2万円を支払う必要があるという。

Amazonのワンクリック注文をキャンセルできるのは、ボタンを押してから5分以内。それが過ぎると指定の支払い方法に自動的に代金が請求され、登録の届け先住所に商品が発送される。

次ページ
■「犯人」は2歳の娘と判明

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ