パーティでドラッグを盛られ気を失った女子高生は… 動画までアップした男を逮捕

知らぬ間にドラッグを盛られて意識を失うほど怖いものはない。

オトナ

2019/07/09 08:20

悲しむ女性
(RyanKing999/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

パーティ、ドラッグ、そして勢いに任せたセックス。これが元で性犯罪や事故が起きることも多々という今の時代、加害者・被害者ともに低年齢化も進んでいるという。


 

■ドラッグで少女は意識を失う

米国フロリダ州ブロワード郡のミラマーという町で今月1日、18歳の男が未成年者に対する傷害、性的暴行、児童ポルノ禁止法違反、わいせつ物頒布等ほかの罪で逮捕されたことを『FOX13 WTVT-TV』が報じた。

男はパーティで知り合った15歳の少女に処方鎮痛薬「パーコセット(Percocet)」を過量に飲ませ、意識を失ったところで性的暴行を働き、その一部始終を録画。少女の裸体をインスタグラムで晒しものにした。

少女の友人がその動画に気づいて通報し、男は逮捕された。18歳とすでに成人しており、事件の悪質さもあって、設定された保釈保証金は日本円にして6,000万円弱ときわめて高い。


関連記事:1500名が被害に遭った児童性的虐待・暴行事件 被告の男たちへの量刑が波紋

 

■処方薬を本来とは違う目的で使用

この事件の被害者は保護された時に意識がなく、放置が続けば命を落としていた可能性すらあった。男には非常に重い量刑が言い渡されるものとみられている。

アメリカでは、本来の鎮痛が目的ではなく「ハイになるため」あるいは「ぐっすりと眠るため」として処方薬を乱用し、依存に陥る人が増えている。オピオイド系鎮痛薬のパーコセットもその1つだ。 

次ページ
■マイケル・ジャクソンもプリンスも

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ