賛否両論巻き起こる女性による「お酌」文化 実際どう思うか聞いてみると…

日本にはびこる女性のお酌。やっぱり不適切?

人間関係

2019/07/11 11:30

お酌
(takasuu/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

7月は人事異動が増える時期だ。部署に新しい社員がやってくれば、歓迎会を開くところが多いだろう。そんな歓迎会などで見られるのが、女性から男性への「お酌」。

一部の女性からは「性差別だ」「時代錯誤」との声もあがっているが、飲み会などでの「女性によるお酌」について、どう考えているのだろうか。


 

■女性がお酌をすることは不適切だと思う?

しらべぇ編集部では全国の20~60代の1,565名に「女性がお酌すること」について調査を実施。

結果、「そう思う」は28.9%、「ややそう思う」は35.5で、不適切と考えている人は64.3%。やはり女性が酒を振る舞うような形となる「お酌」に否定的な人が多数を占めている。


関連記事:礼儀を学べ! 忘年会でお酌周りをした後輩の非常識行動3選

 

■60代女性は最も否定的

「女性がお酌をすることは不適切」と答えた人を性年代別に見ると傾向が出た。

最も高い割合となったのは、今までお酌をする機会が多かったと思われる60代女性で、75.5%。女性というだけでお酌をさせられることに、やはり理不尽なものを感じていた様子。

また、20代女性も74.8%と割合が高い。一方男性は女性と比較すると容認派が多いが、それでもすべての世代で半数以上が「不適切」と感じている。

昭和の時代では当たり前のように行われていた女性のお酌だが、現在では不適切との考え方が浸透したようだ。

次ページ
■肯定的な人の意見は?

この記事の画像(3枚)