王道美少女・久留木玲がAVの世界へ 「もともとエッチなことが好きでした」

「くるるん」こと久留木玲が『青春時代』から7月11日にデビュー。インタビューを行った。

メンズ

2019/07/11 20:30

久留木玲

大手メーカーSOD社のレーベル『青春時代』から、えくぼがキュートな王道美少女、「くるるん」こと久留木玲(くるき れい)が7月11日にデビューする。

しらべぇ取材班では、くるるんがデビューするに至ったきっかけ、撮影を終えた感想などについて、話を聞いた。


画像をもっと見る
 

 

■元々エッチなことが好きだった

久留木玲

———最初に、今回デビューするに至ったきっかけを教えていただけますか?

くるるん:もともとエッチなことが好きで、興味がありまして、自分でもAVを見ていました。そうするとどんどん感情移入していって、女優さんへの憧れや、「私もこの中に入りたい」って気持ちが強くなったのがきっかけです。


———どなたの作品を観られることが多かったですか?

くるるん:明日花キララさんや凰かなめさんの作品をよく観ていました。


———ツイッターでも、戸田真琴さんがツイッターをやめることにコメントされていましたよね。

くるるん:そうですね。憧れている女優さんの1人です。AVのお仕事以外に、写真展を開いたり、文章を書いたり、かっこいいなあと。(ツイッターを)すごい見られてる…(笑)。


———ばっちりチェックしてきました!

くるるん:ありがとうございます(笑)。


関連記事:元グラドルのAV女優・円さゆきが本性明かす 「AV界の羽生結弦に…」

 

■初めての撮影を終えて

———初めての撮影に臨む前は緊張されたんではないでしょうか?

くるるん:はい。緊張でお腹が痛くなっちゃって…。でも眠れました。


———撮影を終えてみてどうでしたか?

くるるん:めちゃくちゃ緊張したんですけど、本当にみなさん優しくて。私に合わせて撮影してくださったので、なんとか楽しく終えることができました。


———最初の撮影のあとは、精神的にも肉体的にも力が抜けきってしまうという話をよく聞きます。

くるるん:私も最後のほうには、ふぁーって放心状態になってしまって、スタッフさんから「大丈夫?」って言われました(笑)。初めての快感みたいなものがあって、泣いちゃったんです。


———緊張がとけた安心感であったり、撮影をやり遂げた達成感であったり、涙にはいろんな感情のものがあると思います。どんな気持ちから流れた涙だったんでしょうか?

くるるん:気持ち良さに耐えきれなくて出ちゃった涙だっと思います。

次ページ
■完成した作品を観て実感

この記事の画像(5枚)