三浦春馬、過去の大恋愛を赤裸々告白 「生々しい…」「刺さる」

三浦春馬が『TOKIOカケル』に出演。松岡の質問をきっかけに話題は過去の恋愛話に…。

エンタメ

2019/07/11 19:00

俳優の三浦春馬が、10日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演。自身が経験した過去の恋愛を赤裸々に告白した。


 

■好きすぎて別れた過去

「好きなタイプ分析してみませんか?」という質問をきっかけに、好きな女性のタイプについて離し始めた三浦。幼少期は「黒髪ロング」の女性が好みだったが、最近では自分が持っていない芸術性や感受性に惹かれる傾向があることを明かした。

三浦の好みを聞いたTOKIOメンバー・松岡昌宏が突然、「とんでもなく好きすぎて、おかしくなるくらい好きな人とずっと付き合っていける?」と三浦を含めたメンバー全員に問いかけ、話題は急展開。

以前付き合っていた女性と、「好きすぎて別れた」過去を告白した松岡は、「これ以上付き合ったら俺が俺じゃなくなる」と別れに至った経緯を話した。


関連記事:三浦九段のスマホ不正問題は濡れ衣?第三者委員会が「証拠なし」の判断

 

■自分に自信がなかった

松岡の話を受け、三浦も「毎日彼女のことを考えて辛かった」と同じような恋愛を経験し、「ある日その娘のことを1日考えなかった日が来た」「これはタイミングが今だと思ってお別れした」と別れを決断したことを語り始める。

三浦は、彼女と過ごす時間を居心地良いと感じているときでさえ、「苦しい」「どうしたら喜ぶのか」「もっと好きでいてくれるのか」を考えてしまうと語り、「多分自分に自信がなかったんでしょうね」と当時の自分を振り返った。

次ページ
■三浦の熱愛を思い出す人も

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ