子供の重大イベントを機に… 辛抱してきた仮面夫婦の糸が途切れる時とは

機能不全に陥ってもなお夫婦でいようとする両親。その理由は、やはり…?

社会

2019/07/12 10:20

sirabee20180529huuhu000
(Milatas/iStock/Thinkstock)

子供のために我慢して一緒の暮らしを続ける、いわゆる仮面の夫婦はこの世に溢れている。

子供はそれを「迷惑だ」と言うかもしれないが、両親は「後でわかる。すべては大切なお前の未来のため」などと言う。我慢に我慢を重ねる理由は、やはりわが子の存在。お隣の中国の例を紹介したい。


 

■子育てのゴールインを待ち離婚

今、中国各地の役所には、熟年の一歩手前という年齢の男女が、離婚を申請するため多数訪れている。

毎年7月になると必ず報じられる、「中国で離婚件数が一気に上昇」というニュース。しかし、この時期に離婚すると税金ほかの面で何か得をするといったことではない。

長いこと辛抱してきた仮面の夫婦が、その忌々しい関係をやっと解消できるのが、このタイミングなのだという。


関連記事:夫から離婚を切り出されて拒否する妻 「自己中すぎる妻の言い分」に非難殺到

 

■国立大合格で「子育てが完了」

国立大学への進学こそが輝かしい人生のスタート、ごく一部の「人生のレッドカーペットを歩く人々」になるための必須条件だと考えられている中国。その受験&合否決定がやっと終わったそうだ。

難関大学の受験は非常に厳しいもので、精神的にへこたれそうになるわが子の目の前で、親が言い争い、別居したり離婚したりとトラブルを繰り広げるわけにいかないのだ。

難関大学の合格は親にとっても子育ての最大の目標、ゴールであるとして、結婚当初からどのカップルもそれだけは固く決意するという。 

次ページ
■「この時期は離婚ラッシュ」と役所

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ