青森県出身グラドル・大間乃トーコ 巻末グラビア撮影前に起きた胸の異変

グラドルの大間乃木トーコが12日発売の『ヤングアニマル』(白泉社)の巻末グラビアに登場する。

オトナ

2019/07/12 00:00

(撮影/小塚毅之 ©ヤングアニマル編集部)

12日発売の『ヤングアニマル』(白泉社)の巻末グラビアに、グラビアアイドルの大間乃トーコが登場する。

今回のグラビアページはじつに7ページにも及ぶ。自身もグラビア好きなだけに、巻末登場はさぞかし喜んでいることだろう。


 

■青森県出身

(撮影/小塚毅之 ©ヤングアニマル編集部)

青森県出身の彼女。青森県にはマグロ漁でさかんな大間町があり、この町になじみがあることからこの名前にしたのかもしれない。今年の4月に上京したばかりの、初々しいグラドルだ。

グラビア漫画青年誌に掲載されていたグラビアを見て「ジャケ買い」するほどのグラビア好きでもある彼女は『ヤングジャンプ』(集英社)でグラビアデビューを果たし、以後グラビア掲載を続けてきた。


関連記事:新人グラドル・大間乃トーコのG乳炸裂 『ヤンジャン』で魅せた大胆グラビア

 

■古民家での撮影で実家を思い出す

(撮影/小塚毅之 ©ヤングアニマル編集部)

今回は古民家での撮影に挑んだという。撮影現場はどことなく実家に似た雰囲気だったようで、「素の自分を見てもらえたら」と意気込んで自分らしく撮影に挑めたと明かす。


■撮影数日前に成長

(撮影/小塚毅之 ©ヤングアニマル編集部)

そんな彼女だが、じつは撮影の数日前には胸のサイズがGカップからHカップとひとつ上に。まだまだ急成長を遂げる彼女のグラビアに、今後も目が離せない。


【大間乃トーコ】

2000年7月11日生まれ/青森県出身/T158・B95・W62・H90/趣味:グラビア鑑賞・研究、少年漫画(作家で言うなら押見修造、松尾末広、古屋兎一が中心)

・合わせて読みたい→小島瑠璃子、セクシーすぎる水着姿がやばい 魅惑の谷間もたまらない

(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

この記事の画像(4枚)


あなたにオススメ