『ルパンの娘』深キョンが胸元のチャックを…大胆なアクションに釘付け

深田恭子主演のドラマ『ルパンの娘』がついにスタート! 闇鍋と形容されるその内容は…

エンタメ

2019/07/12 15:00


深田恭子
『ルパンの娘』

女優・深田恭子が泥棒一家に生まれた女性を演じ、警察官と禁断の恋に落ちてしまうラブコメディ『ルパンの娘』の初回が11日に放送。そこで見せられた深キョンの様々な顔に、視聴者ははやくも魅了されてしまうことに。


 

■泥棒と警察官の禁断の恋

図書館で働く華(深田恭子)は、泥棒一家の娘。彼女の家族は大泥棒「アルセーヌ・ルパン」のように大胆不敵に盗みを行ない、弱者からは盗みを働かないことから「Lの一族」と呼ばれている。家族で一番の盗みの才能を持つ華だが、毎日盗みを働く家族に反感を抱き、恋愛など普通の幸せを諦めていた。

そんな折、和馬(瀬戸康史)と運命的な出会いを果たし、交際を始める華。ある日、和馬の家に挨拶に行くと彼の家が警察一家ということを知り驚愕。一方、家族から華との交際を認められない和馬は、「Lの一族」を逮捕し、捜査一課の刑事になることを決心するのだった。


 

■まるで闇鍋

いきなり始まるミュージカル、クセが強いキャストたち…。キレッキレのアクションシーンなど1時間のドラマに様々な要素がてんこもり。ジェットコースターのように走る展開に視聴者たちはついていくの必死で、「闇鍋」と苦笑する声が相次いだ。

情報量が多すぎて、馬鹿馬鹿しいシーンもあるものの面白い。クセが強いドラマに視聴者たちは満足しているようだ。

次ページ
■深キョンが胸元のチャックを…

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ