『アメトーーク』フット後藤の違和感に視聴者困惑 「テレビ業界怖い」

『アメトーーク!』宮迫博之が不在の同番組に、フットボールアワー・後藤輝基が出演。違和感にネット上では「別撮り説」などさまざまな声があがった。

エンタメ

2019/07/12 14:00

テレビとリモコン
(Rainer Puster/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

11日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)にフットボールアワー・後藤輝基が出演。ネット上で、「なんか不自然」「違和感がある」といった声があがっている。


 

■蛍原と別カットで映る後藤

番組では「喫茶店大好き芸人」をテーマにトークを展開。ロバート・秋山竜次、ピース・又吉直樹、千原兄弟・千原ジュニアなどが出演した。

ゲストとして出演した後藤は、喫茶店大好き芸人らのこだわりトークに「え〜!」「へ〜」とリアクションをしたりツッコミを入れたりして番組を盛り上げる。ときおり雨上がり決死隊・蛍原徹とは別の画面で笑い合うシーンもみられたが、一緒に映るシーンはなかった。


 

■「別撮り?」「宮迫のセリフを喋っている?」

放送を受け、ネット上では「別撮りでは?」「別撮りだったら後藤のテクニックすごすぎ」といった憶測の声が相次いだ。

また、こういった別撮り説に「怖い」と感想をもらす声も。

しかし、試食コーナーでは出演者らと映っていたため「別撮りじゃなかった」と安堵する声が。また、途中の会話シーンだけ「宮迫(博之)のセリフを後藤が喋っているのでは」「ツッコミ部分だけ撮り直したのでは」との説もみられた。


■スタッフと後藤の評価が爆上がり

さまざまな憶測の声があがった今回の放送だが、宮迫不在の初回とくらべて「進化してる」「編集スタッフの実力がすごい」と評価する声も。

また、その理由のひとつでもある後藤の存在から、あらためて彼のテクニックを称賛するも数多く見られた。

・合わせて読みたい→フットボールアワーの現在に複雑な声 「才能を生かしきれていない」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ