結婚式の曲『糸』がなぜか『地上の星』に… 経験者が語る式場トラブルの実態

『スッキリ』で箕輪厚介氏が、結婚式トラブルで傷心の花嫁に「切り替えて」と発言。ネット上で非難を集めたこの言葉をどう思ったのか、実際に結婚式トラブルに見舞われた人々に話を聞いた。

エンタメ

2019/07/13 16:20

結婚式
(kna123/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

しらべぇでも既報のとおり、9日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、結婚式をめぐって起きたトラブルについて特集。その際、レギュラー出演者である幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏が、傷心する花嫁にかけた言葉が「あまりにも酷い」とネット上で物議を醸した。

しらべぇでは結婚式トラブルの実態を追うともに、トラブル経験者たちに箕輪氏の言葉をどう感じたか聞いた。



 

■ホテル側のあまりに酷い対応

放送を観ていない人のために振り返ると、この日、番組では最近結婚式を行ない、式場側の数々の不手際の被害を受けたという20代の夫婦を取材。夫婦によると、式場側の対応はずさんなもので……

・「会場を使うのは1日1組で、前日の夜から飾り付けができる」と聞いていたが、式の2週間前に「式当日、午前に会議がある」と告げられ、飾り付けができなかった


・当日式場に行くと普通に別の披露宴が行なわれており、つまり、約束違いのダブルブッキングだったが、スタッフは「伝え方が足りず誤解を生んだ」と説明


・プロの司会者に頼んだにも関わらず、「旧姓をアナウンスしてほしくない」という指定を忘れてアナウンス


・4,000円の飲み放題プランを申し込んだにも関わらず、ビール・日本酒・焼酎とソフトドリンク2種しか飲めない1,500円のプランだった


・引き出物の中に原価が記された発注書が入っていた


など、ホスピタリティとは程遠い、あまりに酷い有様だった。


関連記事:結婚式場に半狂乱の女が侵入 新郎への愛を叫び花嫁に襲いかかる

 

■箕輪氏「世の中に理不尽は…」

この日、VTRに登場した花嫁は、子供の頃から夢が「お嫁さんになること」で、結婚式に対して強い憧れを持っていた。しかし、悪い意味で「忘れられない一日」になってしまい、心に大きなショックを受けることに。

そんな彼女に対し、VTR明けに箕輪氏は「本当に理不尽なことってめちゃくちゃあるし、自分たちの非がゼロなのに」と、この件が新郎新婦に一切の原因がないことを認めたうえで、「それをどう気持ちを切り替えるかってならないと、どんどん酷い目にあったという気持ちが増幅してしまう」「被害者なのは間違いないですけど、あんまり暗くなるのも」などと発言。

「その通り」と同意を寄せる人がいる一方で、女性を中心に非難の声が相次いだ。

次ページ
■「切り替えて」をどう感じた? 20代男性の場合

この記事の画像(1枚)