空港で「手荷物重量制限オーバー」 超過料金を払いたくない男が珍行動に

手荷物のサイズ、個数、重量にうるさい航空会社は増えている。

社会

2019/07/13 10:20

スーツケース
(LightFieldStudios/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

海外旅行をする際、世界の大手航空会社とLCC(格安航空会社)をうまく使い分けるという人が増えている。LCCでしばしば起こるトラブルを避けることも大切だからだ。



 

■手荷物が8キロ重量オーバー

フランスのニースにあるコート・ダジュール空港で、スコットランドから来た46歳の男性が、ある航空会社のカウンター前でとんだ珍行動を繰り広げた。

手荷物の重さが規定の範囲を8キロ超えているため、日本円にして13,000円ほどの超過料金を支払うようカウンターの職員に告げられた男性。彼は「バカバカしい」とそれを一蹴した。

周囲を見れば、大変な巨漢ですらスンナリとチェックインを済ませている。スーツケースさえ軽ければ体重は問題ではないという事実に、男性はイラっときたのだ。


関連記事:機内で泥酔客がスマホを… あり得ない行動で旅客機が緊急着陸

 

■着こんだ衣類なんと15枚

スーツケースから8キロ分の中身を減らすため、男性はあることを考えついた。中から衣類を次から次へと取り出して、自分の身に重ねていったのだ。

サイズの小さなものから選び、重ね着した衣類の数はなんと15枚。努力の甲斐あって、男性のスーツケースは重量制限の範囲内に収まり、超過料金の支払いは免れた。

次ページ
■呆れかえっていた周囲の人々

この記事の画像(2枚)