宇垣アナの「ナメられたくない精神」からの破天荒エピソードに賛否

宇垣アナのナメられたくない精神をドランクドラゴン鈴木拓や大学時代からの親友が語り尽くす。

エンタメ

2019/07/13 13:00

(画像提供:『ダウンタウンなう』©フジテレビ)

12日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ・関西テレビ系)の「本音でハシゴ酒」では宇垣美里アナウンサーが登場。ダウンタウンと坂上忍と飲み友達の夏菜が、宇垣アナの舐められたくない精神について盛り上がった。


 

■ラジオ共演者の鈴木拓がタレコミ

宇垣アナとラジオで共演していた鈴木拓が裏の顔を語る場面があった。

「普通はニコニコしてる感じなんだけど、基本的に勝気。実際、プライドが異常に高いというか。初めてあった時は睨んでるみたいな。イジったら、何個か返してくるんです。シモネタとかすごく嫌がる。


アナウンサーさんなのに『死ねばいいのに』とか当時は言ってましたから、およそ言葉を生業としてる職業とは思えない。口が悪くて、性格はあまり良くない。


たぶん、ナメられたくないからきてるんでしょうね全て」


関連記事:『ダウンタウンなう』松本人志、宇垣美里にキレる 「俺をナメてんのか?」

 

■宇垣アナの「ナメられたくない精神」

(画像提供:『ダウンタウンなう』©フジテレビ)

番組降板を伝えたプロデューサーが淹れてくれたコーヒーを流しに捨てる、加藤浩次に台本を見すぎと指摘されたら台本を投げ捨てるなど、破天荒なエピソードは全て「ナメられたくない」精神の賜物なのか。宇垣アナ本人がその真相を語る。

「ナメられたくないですね。ナメられるぐらいならやってやるぜがメンタルとしてある。ナメられたら殺される」


少年漫画の不良のような精神性なのだろうか。思わず松本人志が「芸能界はそんな殺伐とした世界じゃないよ」と嗜めた。

次ページ
■藤井智晶氏「言葉で武装してるだけ」