ブルーライトもなんのその! スマホを握りしめたまま寝落ちした体験談

寝る前にスマホを見ているうちに、強烈な睡魔が訪れてそのまま寝落ちしてしまう人もたくさんいるようだ。

睡眠
(CreativaImages/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

スマホを肌身離さず持つ人は、それほどめずらしい存在ではないだろう。中には寝るときでさえも、握りしめている人もいるかも。


 

■4割がスマホを見ながら寝落ち

しらべぇ編集部では全国10〜60代のスマホを持っている男女1,345名を対象に、「スマホの利用について」の調査を実施。

スマホを握りしめたまま寝落ちしたことがあるグラフ

「スマホを握りしめたまま寝落ちしたことがある」と答えた人は、全体で40.4%だった。


関連記事:睡眠障害に肌荒れの原因 寝る前スマホの癖をやめる3つの方法

 

■ブルーライトの影響も強烈な睡魔には…

性年代別では、10代から30代の女性が高い割合になっている。

スマホを握りしめたまま寝落ちしたことがある性年代別グラフ

若い世代には、一瞬でもスマホが手放せない人も多いだろう。

「寝る前にベッドでSNSをチェックしたりゲームしたりしていると、急激に眠気に襲われるときがある。そこから眠気を我慢してスマホを続けているときに、寝落ちすることが多い。


ブルーライトは睡眠に悪影響を与えるって言われているけれど、私の場合には今のところ睡魔のほうが勝つみたい」(20代・女性)

次ページ
■寝室にはスマホを置かない

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ