28歳既婚の美人女教師 13歳男子生徒とのあらぬ関係で懲役20年の実刑判決

教師と生徒の許されぬ恋。これがプラトニックの域を超えてしまうと…

オトナ

2019/07/14 18:20

 

 ■教師が理性を失うことの怖さ

アメリカで時おり起きている女の教師による未成年者性的虐待事件。大きく報じられた事例をいくつかご紹介してみたい。

・24歳女教師と13歳の男子生徒が熱愛。少年の両親も交際を認めていたなか妊娠で関係が公になり、教師に懲役10年の実刑判決(2017年1月 テキサス州で)


・33歳女教師が15歳男子生徒との性行為を隠し撮り。SNSで公開して逮捕(2016年9月 アラバマ州で)


・24歳の女の教師が小学5年生の男子児童を自宅に連れ込んで性行為。成人の交際相手を捨てて少年との関係にのめり込むなど、逮捕時には「純愛」を主張(2017年3月)


加害者は20代や30代の美人教師がほとんどだが、既婚者も多く、なかには40代というケースも。母親から得られずにいる温かい愛情を求め、悩み事の相談に乗ってもらううちに男と女の関係に、という例も少なくないという。


関連記事:中1息子から家庭教師について相談された母親 自宅で起きた最悪な事件に絶句

 

■意外に多い女教師と男子生徒の恋

しらべぇ編集部では「生徒だったころ、学校の先生とひそかに男女の交際をしたことがある」かどうか、全国20代〜60代の男女1362名に調査してみた。

「ある」と答えた20代~30代の男性は共に7%超と意外にも多いことがわかる。このたびの事例を「しょせんアメリカの話、対岸の火事」などと笑ってばかりもいられないようだ。

・合わせて読みたい→神奈川県の中学校教諭が女子大生の上半身を触り緊急逮捕 県警・教育委員会を直撃

(文/しらべぇ編集部・浅野ナオミ)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年11月25日~2016年11月28日 
対象:全国20代~60代の男女1,362名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ