海老蔵、急性咽頭炎で七月大歌舞伎を休演 「声を大にして謝りたい」に心配の声

海老蔵が「七月大歌舞伎」を休演することを発表。ブログでは公演を楽しみにしていたファンに謝罪した。

エンタメ

2019/07/15 19:00

市川海老蔵

歌舞伎俳優の市川海老蔵が、15日に自身のブログを更新。7月4日から28日まで行われる「七月大歌舞伎」の15日夜公演を休演することが発表された。体調不良による休演であることから謝罪の気持ちを綴っている。


 

■「声を大にして謝りたいです」

急性咽頭炎によって声が出なくなってしまったという海老蔵。タイトルに「お知らせ」とつけてブログを更新。「声を大にして謝りたいです」としたうえで「お医者さんによると疲労もさることながら、アデノウィルスや菌が声帯に付着してしまい発声困難になりました」と現状を報告した。

先日から体調が良くないことをブログでも明かしていた海老蔵。プロ意識が高い彼は休演に対し、苦渋の決断をしたと続けている。

「ここ数日私の出来るありとあらゆる手段を講じて回復を試みましたが、ダメでした。無念。制作側と医師と相談し本日の夜の部は急性咽頭炎のため休演とさせていただきます。歌舞伎俳優として苦渋の決断でございます」


なお明日以降の公演はまだ未定とのこと。


関連記事:市川海老蔵、歌舞伎界の激務を告白 「働き方改革」提言に共感の声集まる

 

■「無理しないで」の声相次ぐ

責任感が強く、公演を休まないことで有名な海老蔵が、今回休演するということでファンからは心配の声が集まっている。

「舞台に厳しい姿勢の海老蔵さんが休演決断するってことは、よほど体調が悪いのでしょうね。心配」


「まだまだお若いとはいえ、風邪や疲れと思っていても思わぬ病気が潜んでいる可能性もありますので、あまり無理をしないでほしいですね」


「大事にされている舞台を休演しなければならないとは、ご自身が何よりお辛い事と思います」


■季節の変わり目は体調を崩しやすい?

湿度や気温の変化が激しい季節の変わり目には体調を崩してしまう人も多い。しらべぇ編集部では全国10~60代の男女1,721名を対象に調査を実施したところ、全体で約5割の人が「季節の変わり目は体調が優れない」と回答している。

季節の変わり目は体調が優れないグラフ

「懸命に回復に務めたい」とも書いている海老蔵。無理はせず、しっかり体調を治してから残りの公演を駆け抜けてほしい。

・合わせて読みたい→市川海老蔵、Uber Eatsで注文した「意外な食べ物」に驚きの声

(文/しらべぇ編集部・Aomi

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1,721名(有効回答数)

あなたにオススメ