「仕事が好きすぎる」わけじゃなく… 常に仕事のことを考えてしまう理由とは

仕事が好きすぎて、プライベートでもずっと考えている人がいる。一方で仕事に追われすぎて、頭から離れない人も。

ビジネス

2019/07/16 09:00

頭を抱える
(metamorworks/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

仕事はお金を稼ぐための手段だが、それ以上のものを求めている人も多いはず。職場を離れても仕事のことを考えているのは、どのような人たちなのか。


 

■4人に1人は常に仕事のことを…

しらべぇ編集部では全国10〜60代有職者の男女781名を対象に、「仕事について」の調査を実施。

常に仕事のことを考えているグラフ

「常に仕事のことを考えている」と答えた人は、全体で25.1%と4人に1人はいることが判明した。


関連記事:「この仕事にこの給料は見合わない!」 納得いかなかった仕事3選

 

■収入はあまり影響しない

年収別で見ても、規則的な変化は見られない。

常に仕事のことを考えている性年代別グラフ

収入がいいからといって、ずっと仕事のことを考えているわけでもなさそうだ。

「僕はかなり仕事のことを考えているほうだと思うけど、給料は一般的な水準より低い。業界全体の給料が低いことで有名なので、努力でどうにかなる問題でもない。それでも仕事のことを考えるのは、なんだかんだで今の仕事が好きなのだろうな」(30代・男性)

次ページ
■オンとオフを分けたほうがいい

この記事の画像(2枚)


あなたにオススメ