好きだからガッカリ? アニメの実写化に裏切られた経験が多い世代は…

公開されるたびに賛否がおこるアニメ映画の実写化。期待したら全然満足いかない仕上がりだったなんてことも…。

ライフ

2019/07/16 08:00

映画館
(maksicfoto/iStock/Thinkstock)

たびたび実写化されるアニメ映画。アニメで表現されているキャラクターや風景、アクションを実写化するというのは、作品によってはかなりハードルが高いものであり、なかには元々ファンだった人から失敗だと批判されたものも多数あるように感じる。

その作品自体が失敗か成功かは、何をもってして決めるかはわからないが、やはり思い入れのある作品が、自分の思ったものに仕上がっていなければ不満を持つこともあるのかもしれない…。



 

■4割弱は「裏切られた」経験

そこで、しらべぇ編集部が、全国10~60代の男女1721名を対象に調査したところ、「アニメ映画の実写化に裏切られたと感じたことのある」人は、全体の37.0%。

調査実写化

男女別では、男性は36.7%、女性は37.2%と、やや女性が多いもののほぼ同じ割合だ。作品に対する気持ちや見方は男女関係ないのかもしれない。


関連記事:変わらず足を運ぶ? 7割の人が映画館に行く回数は「変わらない」と判明

 

■若年齢層は割合が高め

さらに男女年齢別で見ると、30代女性が45.8%と一番高い割合。全体的に見ても10代から30代が多い傾向だ。

調査実写化

漫画やアニメは若年齢層のほうが詳しく、チェックしている人も多いためだろうか。アニメ映画の実写化に対して厳しい目の人も多いのかもしれない。


■どんなところが?

では実際に裏切られたと感じるのは、どんなところが原因となるのだろう? アンケートをとってみた。

「キャラクターが全然違う雰囲気になっていた」


「ストーリーが改変されていた」


「設定自体が変更されていて別ものになっていた」


思い入れのある作品であれば、仕上がりに満足のいくこと自体が難しいことなのかも。元と切り離して見るのも映画を楽しむひとつの方法かもしれない。

・合わせて読みたい→コンビニで済ますときも? 7割以上が献立を考えるのは「面倒くさい」

(文/しらべぇ編集部・ヨザワ マイ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1721名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)