海のギャング・ハモ漁を体験! 怖い顔だけど天ぷらが美味しすぎた

料亭などで出されるちょっと高級な「ハモ」。そんなハモ漁を体験すべく、しらべぇ取材班は漁船に乗り込んできたぞ!

グルメ

2019/07/17 09:20

宇部港ハモ漁

京料理の料亭などで出される高級魚・ハモ。「ハモは梅雨の水を飲んで美味しくなる」と言われるほど、今の時期が旬とされるが、関西などの地域を除いてはちょっと手の届きにくいものだ。

しらべぇ取材班は、山口県の宇部港にて、くら寿司のハモ漁に同行してきた。


 

■出航!

今回乗船するのは、数々の修羅場をくぐってきたであろう「大漁丸」。

宇部港ハモ漁

本来ハモ漁は夜中に行うことが多いそうだが、今回はなかなか釣ることができないといわれる日中に行うことに。果たして高級魚・ハモは釣れるのか? 期待と不安をないまぜにしつつ、船は海にむかって出航した。


関連記事:【SMAP解散で見納め?】歌でもハモらないジャニーズの裏側

 

■底引き網漁

ハモ漁は主に二種類ある。一本の幹となる縄に、釣り針を装着した縄を付け、魚を釣る「延縄漁」。大きな網を海底に沈めて船などで引っ張り魚を捕る「底引き網漁」だ。今回は後者の底引き網漁。ちなみに、図にするとこんな方法だ。

底引き網漁

次ページ
■昼でも釣れるのか?

この記事の画像(15枚)


あなたにオススメ