赤西仁、ジャニーズ圧力疑惑に言及 「よく言ってくれた」と称賛の声

赤西仁がジャニーズ事務所の圧力問題に対し指摘。ネットでは「よく言った」と賞賛の声が相次いでいる。

エンタメ

2019/07/18 20:00

赤西仁
(画像は赤西仁公式ツイッターのスクリーンショット)

18日、シンガーソングライターの赤西仁が自身のツイッターを更新。ジャニーズ事務所が元SMAPの草彅剛、香取慎吾、稲垣吾郎の3名を民放テレビ局に出演させないよう圧力をかけたとして公正取引委員会から注意を受けた問題に対し、赤西が言及したことが話題となっている。


 

■「エンタメがつまらなくなる」

赤西はジャニーズ事務所の圧力問題に対し、「忖度沢山」「才能が育たない」というタグをつけて持論を投稿した。

「こういうのが蔓延ってるから日本のエンタメがどんどんつまらなくなっていくの。日本TVの作品もずっと同じクオリティでぐるぐる。


でも”圧力をかけている“という風に見えないように忖度を自主的にさせるように仕向けてたとしても、ちゃんと独禁法にひっかかるのだろうか?」


関連記事:日本財団会長が元SMAP3人のTV復帰を熱望 「忖度としか思えない」と苦言も

 

■「よく言った」

元ジャニーズ事務所所属という貴重な立ち位置の赤西が思いを語ったことに対し、「言ってくれてありがとう」といった賞賛の声が相次いでいる。

「みんなそう思ってるよね。仁くんはよく言ってくれた!!」


「誰にも忖度しないでやって来た仁くんだからこそ言える意見だね。それをちゃんと発信する仁くんは凄いです!」


「ずっと前からこういう問題あったのになんだかみんな仕方ないで終わらせてた気がする。仁くんが発言してくれて本当に嬉しいです」

次ページ
■芸能人の悪評は信じる?

あなたにオススメ