生後4ヶ月男児に暴行で福岡県の男が逮捕 その犯行内容とは…

生後4ヶ月の赤ちゃんに加えた暴行内容とは…

話題

2019/07/20 11:00

泣く赤ちゃん
(karinsasaki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

厚生労働省によると、2017年度の全国児童相談所における児童虐待相談対応件数は、13万3778件(前年度比1万1203件増)。これは、過去最多で、統計を取り始めた1990年度から27年連続で増加している。

虐待の内容別では、「心理的虐待」が7万2197件と最も多く、次いで、身体的虐待が3万3223件、ネグレクト(養育の放棄・怠慢)が2万6818件、性的虐待が1,540件だった。

今日も各地の虐待相談ダイヤルは、受付を行っている。そんな中、北九州市でまた起きた。しらべぇ編集部は、福岡県警を取材した。


 

■上唇を押し広げる暴行

福岡県警は、19日午後9時09分、北九州市八幡西区居住の解体工の男(22)を、八幡市西区の店舗駐車場で傷害の疑いで逮捕した。

容疑は、13日午前2時19分頃から同日午前2時50分頃までの間、八幡市西区内を移動中の車両内で、生後4ヶ月の男児に上唇を押し広げる暴行を加えた疑い。男児は全治約1週間の怪我を負った。

男児は内縁の妻の子で、当時夜泣きしていた男児を寝かしつけるためとして男が車で連れ出した。しかし、約30分後に戻った際に口から出血していたため、母親が病院に連れていき、不審に思った病院が警察に連絡したという。男は「暴行はしていない」と容疑を否認しているという。


関連記事:2ヶ月の乳児を暴行した殺人未遂の男 「虐待を止めない母親」に批判が相次ぐ

 

■なぜ4ヶ月の赤ちゃんに…

ネットでは、なぜ4ヶ月の赤ちゃんに暴行を加えたのかという疑問の声があがっている。

「やはり内縁関係で、連れ子。日常的に虐待がなかったのだろうか? 母親は、しっかりとパートナーを選んで欲しい」


「言葉も理解できぬ4ヶ月の赤ちゃんにひでぇ。これが放置されるとエスカレートしていく可能性も大いにありうる」


「日常的に虐待にあっている子供もこれぐらい迅速に対応してほしいものだ」


「夜泣きしていた男児を寝かしつけるためってところまでは良かったんだけどね」


「4ヶ月の子供がいるのに、内縁関係の男がいることが。普通は育児が大変で、男どころじゃないけどな」


「笑った時の顔を思い出せよ。可愛くて仕方ないからとても暴力を振るう気にはなれない」


今回の病院の適切な通報で、最悪な事態は免れた。児相、病院と警察との早めの連携で、ひとりでも多くの子供を虐待から救って欲しい。

・合わせて読みたい→札幌の自称地方公務員が次男への暴行で逮捕 同居の女も逮捕した道警を取材

(文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ