育休中の再妊娠を巡り議論 「どの面下げて戻るの」「覚悟がいる」

セットのような存在である産休と育休。取得の仕方を巡り議論が起こっているよう…。

ライフ

2019/07/20 09:20

妊婦

産休と育休は続けて取得されるケースが多いため、セットのような存在。女性向け掲示板『ガールズちゃんねる』では、産休後に取得した育休中に再度妊娠を計画する女性が注目を集めている。


 

■育休の延長

話題のトピック主は1年間の育休中という女性。子供を入園させる予定の保育園から不承諾の通知を受け、育休期間をもう1年延長する予定だという。

現在30代半ばのトピック主はもう1人子供が欲しいため妊活を早めに再開したいと綴り、「育休中にまた妊娠するのってどう思いますか?」と意見を求めている。


関連記事:産休・育休は積極的に取得すべき? 経営者層は前向きでない傾向も

 

■育休と産休のループ

育休の延長後に再度妊娠して産休を取得すると、休暇期間は少なくとも3年。出産後に再び育休をとると考えれば、トータル4年以上の休みになることが予想される。トピック主に対してネット上では…

「さすがに4年以上も休まれると会社側の負担も大きそうだし、職場へ戻るのも覚悟が必要でしょ」


「復帰してまたすぐ産休とるよりはマシだと思う。でも、どの面下げて戻るんだって感じはするよ」


など、やや批判的な声が上がっている。実際に同僚が「産休と育休を連続で取得していた」という人も多いようで…

「うちの職場には9年間休んでる猛者がいます。メンタル強いなあと思うけど、本当に子供が欲しくて年齢が気になるなら仕方ないのかも」


「育休中に妊娠して3年以上休んだ人がいるけど、無事に復帰できてたよ。会社の規模や福利厚生次第かもね」


といった報告も寄せられていた。


■産休・育休に対する意識

取得するタイミングは人それぞれだが、世間の人々は産休・育休をどのように捉えているのだろうか。

しらベぇ編集部では、全国20〜60代の現在働いている男女779名を対象に調査を実施。調査の結果、全体の66.1%が「積極的に取得していくべき」と考えていることが分かった。

産休・育休

働く女性の頼もしい味方である産休と育休。就業中の人は、一度自分の会社の制度を確認しておいたほうが良いだろう。

・合わせて読みたい→妊娠を理由に職場いじめにあった女性 夫に話すと「信じられない一言」が…

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日
対象:全国20〜60代の現在働いている男女779名に調査(有効回答数)

この記事の画像(2枚)


あなたにオススメ